運営団体

<設立年月日>
2014年11月19日

<経営理念>
地元岸和田で誕生した甘みの強い人参を新たなブランド野菜「きしわだ発彩誉」として全国展開を目指す。

 

<事業概要および経緯>
岸和田市の圃場で開発されたびっくりするほど甘く「衝撃のにんじん」とも呼ばれる人参「彩誉」を彩誉誕生の地として市の新たな特産とするため、市と協力、岸和田商工会議所が小規模事業者地域力活用新事業創出支援事業の認定を受け、「彩誉ブランド化推進委員会」を設立、「きしわだ発彩誉」としてPR・販売戦略の立案、ロゴマークの公募・選定。商品開発、PR活動を手掛ける事業者を募集、岸和田4Hクラブ、加工メーカー等11社、農協、市、商工会議所で「彩誉ブランド化実行委員会」を設立しブランド化に向けた取り組みを始めた。

 

<構成団体>

 

生産者部会:生産量の増加・品質の向上、彩誉の地元スーパー等への販売、イベントへの参加など。
加工品部会:彩誉商品の開発、彩誉商品販売、展示会への参加、スーパー他イベントでの販売など。
ブランド管理部会;的確な情報発信、販売網の拡大、その他セールスプロモーションなど。

〇主な取組<例>
彩誉糖度コンテスト:愛彩ランドの協力を得、糖度、形状の美しさを競い、表彰する。
彩誉収穫体験ツアー:読売新聞大阪本社わいず倶楽部とタイアップ、彩誉の収穫体験のみでなく、愛彩ランドでの農産物の買い物や岸和田だんじり会館、地元の酒蔵「井坂酒造場」の見学ができる。
その他:各種のイベント、展示会へ参加、商品のPR、販売など。